FIAT panda cross パンダクロス ダッシュボードパネルにカーラッピング。ドアカップ、リヤバンパーにプロテクションフィルム/東京都I様

FIATパンダcrossにカーラッピングとプロテクションフィルム施工を東京都のお客様よりご依頼いただきました。



ご依頼内容はダッシュボードパネルにカーラッピング。ドアカップ、リアバンパー上部にプロテクションフィルム施工。事前の打ち合わせで決まったカーラッピングフィルムは↓


今回施工するカーラッピングフィルムは、3Mラップフィルムシリーズ1080サテンビターイエロー 


ダッシュボードからパネルを取り外した状態で持ち込んでいただきました。


細かい部分の清掃をしていきます、


手元あったカーラッピングフィルムで試し貼りをしてみました、ブラッシュドタイプのカーラッピングフィルムです。


この後、細部の仕上げをしていきます


光の加減で曲面部分にカラーサンプルより強めにライムグリーンが出現しました。


後日ディーラーで取り付け、画像を頂きました。


プロテクションフィルムを施工する準備に入ります。先ずは、たっぷりの泡でボディの洗浄


鉄粉、ピッチ等、異物の除去


ドアハンドルがフラップタイプで、汎用のドアカップ用プロテクションフィルムでは形状が合わない為、ワンオフで制作


リヤバンパー上部のプロテクションフィルム、打ち合わせでオーダーいただいた形状に仕上げました。



リヤバンパー上面に施工していきます


専用の施工液をたっぷりと塗布します、




プロテクションフィルム専用スキージで慎重に施工


プロテクションフィルムは透明度が高い為、画像に撮りづらいです,,


施工済画像です。施工したことを言われなければ分からない状態になりますが、キズからしっかりとボディを保護します。もちろん自己修復機能もあります。プロテクションフィルムの自己修復機能を再現した動画をYouTubeにアップロードしました、こちらからご覧ください。


FIATパンダcrossは現段階では正規輸入されておりません、前後に装着された金属製の大きなアンダーガードや、幅広メタル調のサイドプロテクターなどでワイルドに演出しています。本国では"ポケットサイズSUV"と呼ばれているようで、オフロード性能はかなり高く設計されています。


TwinAirエンジン 878ccターボ なんと2気筒エンジン!エンジンが発する鼓動が現代の車がなくしてしまった何かを思い起させます。


この度はご依頼いただきありがとうございました、またのご来店お待ちしております。

小さなパーツ、少ない面積でも承ります。カーラッピング、プロテクションフィルムの施工はメタルスリーパーへお気軽にお問合せくださいませ。

252-0231

神奈川県相模原市中央区相模原6-11-13 SAGAMIHARA SIX D-3

MetalSleeper(メタルスリーパー)

TEL 042-794-9136 FAX 042-794-9137

MAIL metalsleeper@gmail.com

10:00-19:00(不定休)


140回の閲覧

神奈川県相模原市相模原6丁目11-13-D3

​プレミアムガレージハウス「SAGAMIHARA SIX」内

042-794-9136

営業時間10:00~19:00(不定休)